“竹あかり” のまつりで地域の垣根を超えて日本中・世界中の人と人の心を繋ぎたい!「みんなの想火」プロジェクトがクラウドファンディングで1,000万円の資金調達に成功

今回この「みんなの想火」プロジェクトの実現へ向けクラウドファンディングに挑戦。開催資金の一部である800万円を目標として21日間実施し、結果542人のみなさまから総額1,079万円ものご支援をいただきました。

ー「みんなの想火」代表・池田親生(CHIKAKEN)よりメッセージ(抜粋)ー

「みんなの想火」は全ての人に対して平等なイベントです。このイベントを通じて、僕たちはどんなメッセージを未来へ、世界へと伝えていきたいのかを真剣に考える場にしていきたいと思っています。
そして世界へ希望を届ける日にしていきたいと願っています。
大和言葉の中に「あたらよ」(=明けるのが惜しいくらいに美しい夜)という言葉があります。
2021年7月22日という日の夜、さまざまな意見が平等に存在し、それぞれの正義がそれぞれ尊重され、それぞれの故郷を想いながらあかりが灯るその時が、日本の歴史の中で一番明けるのが惜しいと思うくらい美しい夜となることに期待して、また7月22日まで突き進んでいきます。
たくさんご支援本当にありがとうございました!
これからも応援よろしくお願いいたします!

「みんなの想火」代表・竹あかり演出家・CHIKAKEN/池田親生(いけだちかお)

お礼のメッセージ・みんなの想いを灯します

4月29日(木) 19時から クラウドファンディング最終日カウントダウンの Clubhouse配信やります!👋

4月29日19時からクラファン終了までの5時間を、豪華ゲストの皆様と一緒に盛り上がって楽しむライブ配信をClubhouseで開催いたします!!

少しでも関わってくださった皆様と一緒にクラファンのフィナーレを迎えたく、ぜひぜひみなさま少しでもお時間いただけたら嬉しいです😆 4月29日19時〜、Clubhouseでお待ちしております!

Clubhouse 今夜配信!

祝!クラファン目標金額達成しました!

クラウドファンディング15日目で目標金額の800万に到達!
応援してくださっている全てのみなさまへのお礼のメッセージををnoteに綴りました!

〜実行委員長からお礼のメッセージ(抜粋)〜

今回のクラウドファンディングは、 たったの21日間で800万円という資金を集めるという 僕たちにとってもかなり厳しい挑戦でした。
でもだからこそ、全国のメンバーひとりひとりが 本気でみなさんに自分ごととして “こんな想いで取り組んでいるこのプロジェクトを応援して欲しい!” と 全力で伝えることができたような気がします。
そしてそれに応えるように たくさんの方が相談に乗ってくださったり、 リターンにご協力くださったり、 応援メッセージを届けてくださったりと、 人と人の繋がりがより広く深いものとなっていき、 結果このような形で目標を達成することができたんだと思っています。
人とどれだけ関わったか、 人がどれだけ関わってくださったか。
プロジェクトの規模はこれで決まると思っていますが、 今回さらなる高い挑戦に一丸となって取り組んだことで、 より強く深くたくさんの方と繋がることができました!
本当に改めて、みなさまありがとうございました!!

池田親生

お礼のメッセージ

【クラウドファンディング公開!世界最大の竹あかりの祭典「みんなの想火」の挑戦!】

オリンピック開会前夜に、日本全国47都道府県で同時に竹あかりを灯す『みんなの想火』プロジェクト。昨年に引き続き、今年は世界の仲間も巻き込んで実施します!世界最大の竹あかりの祭典実施に向けて、ぜひ皆さまご支援いただけますと幸いです。

クラウドファンディングページ

2021. 47SAMURAI

全国のサムライたち

2020年 47SAMURAI アーカイブ

日本全国のふるさとで 竹あかりを 同日に 灯す プロジェクトです。
全国の「自分のまちは自分で灯す」意志を持った仲間達を繋ぎ ふるさとを想うあかりを全国で灯すことで世界に希望を届けます。

2021 メッセージ

“想いを、灯そう”

2020年にはじまった、
全国で竹あかりを同時に灯すプロジェクト『みんなの想火』

全国47都道府県「自分のまちは自分で灯す」意志を持つリーダーを「サムライ」と呼んだこのプロジェクト。

2021年。日本中のサムライたちとより強くつながっていきたいと思っています。
そして、さらには、世界の仲間たちにも声をかけ、世界の仲間と手を繋ぐ(つながる)ことに挑戦する2年目です。

今年も全国から「サムライ」を2021年3月8日(月)から3月21日(日)までの2週間、募集しました。


「自分のまちは自分で灯す」
全国の仲間たちと共に、あなたの想いを込めた竹あかりを灯してみませんか!?
そんな あなたと出会える事を楽しみにしています。

なぜ全国で同時に灯す必要があるのか?

「自分のまちは自分で灯す」という意志を持つ仲間が全国でつながる事で、そのまちそれぞれで灯される想いの一灯が、まちのあかりを越え、それ以上のあかりを放つ瞬間があるから。
そう僕は、答えています。

3.11の為に全国の仲間が手を取り合う、
地域の垣根を超えて新しい事業が生まれる、
地域のひとつのまつりでは生まれない、全国のつながりから生まれた、新しい想いのアクション。

それぞれのアイディアや想いが地域を超え、自分のまちだけでなく地域の垣根を超えて全国のまちを盛り上げる。
自分の地域を盛り上げようとする人たちが集まるからこそ実現する、竹あかりを通じた新しい光。
そんな仲間の繋がりが、1つになる1日をつくります。全国、そして世界で、同日にそれぞれの場所で、想いの竹あかりを灯します。

災害を乗り超える地域を超えたつながり

地域を越えたつながりは有事の際にも有効に作用する、支え合いの繋がりです。

僕が所属するCHIKAKENの拠点・熊本は、2016年には熊本地震、また昨年も豪雨水害の被害にあうなど多くの被害が出ている地域です。

そんな困難にあった地域でも、竹あかりを通じて出会った全国の仲間からの支援や応援のおかげで、たくさんの困っているひとたちを笑顔にすることが出来ました。

自分と自分の地域を、自分たちだけでは守りきることは、実はとっても難しい。意志を持った繋がりは こういった状況をも打破する力を持っている。この繋がりが、地域に様々なポジティブな効果を生んでいくことを、僕は確信しています。

竹あかりで、世界もひとつに

” 日本の仲間と世界の仲間も ” これが2021年の僕たちの新しいチャレンジです。

竹あかりは、言葉の壁を超えて仲間をつくることができます。

アメリカ、バリ、中国、フィリピン、などなどの「竹あかり」をきっかけに生まれた世界中の繋がりがあります。

2021年、みんなの想火では、そんな世界中のそれぞれの地域で「自分のまちは自分で灯す」意志ある仲間に声をかけ、日本の仲間と繋いでいきたいと考えています。

それぞれの地域の状況を共にシェアしながら、誰ひとり取り残すことなく、意志や想いを共有していきたい。このアクションを少しづつ世界にも拡げていきたい。

竹あかりが、世界の架け橋になる

竹あかりを通して全国世界一輪、深く強いつながりが、つながり続ける未来を願っています。まだ見ぬ仲間たちと、今年も全国、そして世界のどこかで竹あかりを一緒に灯したい。

5年後10年後、全世界の「自分のまちは自分で灯す」意志を持ったリーダーたちが世界中で繋がっていくことを想像した時、世界平和への架け橋を竹あかりが担う事になるのだと感じています。

ワクワクする未来を、ドキドキする覚悟を持って楽しめる仲間との出逢いを、今年も楽しみにしています。

みんなの想火
実行委員長 池田親生

クラウドファンディングページ

2021 “サムライ” 募集!

2021年7月22日同日全国点灯。
「自分のまちは自分で灯す」全国の仲間たちと共に、あなたの想いを込めた竹あかりを灯しましょう!

エントリーの前に「47サムライ取説」をお読みください。
★47サムライ取説

募集期間
2021年3月8日(月)〜21日(日)

エントリー中でもエントリーできます!
お待ちしております!

〈サムライへの立候補の流れについて〉

1、サムライ立候補フォームへの入力をお願いします。
2、立候補フォーム受理後、オンライン面談または電話でお話しさせていただきます。
3、審査の結果をメールにてお知らせいたします。

注1:当プロジェクトの趣旨に沿い共に活動ができる候補者が複数人存在した場合、サムライは必ずしも各都道府県1人とは限りません。
注2:未成年者の方が立候補した場合は、保護者の承諾が必要となります。(面談の際、保護者の方ともお話させていただきます)

    竹あかりギャラリー