admin

クラウドファンディングサイトの画面

世界平和を願って全国47都道府県+世界同日70ヶ所以上で竹あかり点灯!クラウドファンディングで約830万円の資金調達に成功

「むすぶ、ひらく。」をテーマに2022年9月18日の夜、全国47都道府県世界同日70ヶ所以上で世界平和を願って「竹あかり」を同日点灯し、地域の垣根を超えたまちづくりネットワークを醸成する「みんなの想火」プロジェクト。そんな<世界最大の竹あかりの祭典>の実施に向けて800万円目標のクラウドファンディングに挑戦し、425人のみなさまから総額833万円ものご支援をいただきました。実施日本全国での点灯+オンラインでの全国配信へ向け、各地でプロジェクトを本格始動してまいります!本プロジェクトは⼀般財団法⼈⽇本寄付財団・2022年度助成事業の助成をいただいています。

クラウドファンディング実施結果

目標金額:800万円
実施期間:1ヶ月間
終了日時:2022年7月26日(火)23:59
支援者数:425人
支援合計金額:8,334,500円
達成率:104%
*最終日に目標金額800万円に到達

クラウドファンディングページ:
https://camp-fire.jp/projects/view/587469/

クラウドファンディングにご協力いただいた皆様

SHIMA BOAT HOUSE 様
株式会社アールテックス 様
一般財団法人熊本学校 様
小比類巻道場 様
税理士法人近代経営 様
株式会社ヒューマンライフ 様
赤間遼太 様
池田美代子 様
井本喜久 様
上村剛 様
大村貴康 様
小幡和輝 様
島田由香 様
高橋紀成 様
長倉顕太 様
中島美代子 様
長竹佑典 様
中丸晴留哉 様
藤原理恵 様
三井紀代子 様
矢澤祐史 様
山本雅史 様

他合計425名、順不同

「みんなの想火」代表・池田親生(CHIKAKEN)よりメッセージ

代表・池田親生(CHIKAKEN)
代表・池田親生(CHIKAKEN)

好きな”まち”に

“て”(手)を加え、

“すてき”(素敵)なまちにしていく。

クラウドファンディングはそんな「お祭り」を作る時に重要なポイントになると思っています。だからただ開催資金を集めることだけを目的とするのではなく、全国の仲間たちに手を加えてもらい、全国でそれぞれのまちが盛り上がっていくことができるような設計を目指しました。

2022年9月18日、世界竹の日かつPEACEWEEKでもあるこの日に、全国72人にのぼる「自分のまちは自分で灯す」という意思を持った地域リーダーのサムライたちが、自分たちのまちを灯していきます。竹あかりが灯っているのはリアルの世界ですが、それらを一斉に見ることができるのはオンラインの世界だけ。

自分の気になる地域の竹あかりをリアルで見ながら、そこで携帯を開き、全国の竹あかりが灯っている様子を通して、世界はつながっていると言うワンネスを感じてほしいと思っています。そしてこの企画が多くの人たちの手によってできていることを意識し、その意識が少しでも優しい世界をつくる方向に向かっていけることを願っています。

たくさんご支援本当にありがとうございました!
最後まで応援よろしくお願いいたします!

「みんなの想火」代表・竹あかり演出家・CHIKAKEN/池田親生(いけだちかお)

みんなの想火2022 オンラインイベント 開催概要

みんなの想火 Special Talklive

日時:2022年9月18日(日)11:30〜21:00(予定)
開催方法:オンライン × オフライン(会場検討中)
サムライ人数:全国47都道府県 総勢71名(70ヶ所以上)
チケット:1400円(8月一般販売予定)

MC:
池田親生(みんなの想火プロジェクト代表)
桑原りさ(アナウンサー)

スペシャルトークゲスト:
◎オープニングトーク
島田由香(株式会社YeeY 共同創業者/代表取締役)
矢澤祐史(GIVENESS INTERNATIONAL 代表)

◎「シェアカルチャーと社会」をむすび、「新しい生き方」をひらく
石山アンジュ(一般社団法人シェアリングエコノミー協会 代表理事)

◎「緑と人」をむすび、「日本人的豊かさ」をひらく
西畠清順(プラントハンター)

◎「エンタメの力で日常と非日常」をむすび、「日本人の持つ感覚」をひらく
小橋賢児(The Human Miracle株式会社 代表取締役・クリエイティブディレクター)

◎「災害と支援」をむすび、「生まれたご縁がより豊かな社会」をひらく
坂本龍太朗(ポーランド日本語教師会 事務局長)
荒木真吾(株式会社ディカーナ 代表取締役)

PEACEWEEK&世界竹の日・9月18日(日)の開催に向けて、6月28日(火)よりクラウドファンディングを開始しました。

2020年に始まり今年で開催3年目となる「みんなの想火」プロジェクト。2022年は世界竹の日 × World Peace Weekでもある2022年9月18日(日)に全国47都道府県と世界で、同日に70ヶ所以上で竹あかりを灯す、世界最大の竹あかりの祭典を開催。その開催資金の獲得のため、目標金額800万円のクラウドファンディングに6月28日(火)よりチャレンジします。

クラウドファンディングには、9月18日に開催予定の「みんなの想火」オンラインイベントの先行割引チケットのほか、竹あかりや竹あかりランプシェードつきチケット、竹を使ったアクセサリーブランド “Sachi” つきチケット、2022年の「みんなの想火」プロジェクトのキービジュアルを担当してくださったロープアーティストHajime Kinokoさんとのコラボレーション作品セットなど「みんなの想火」に縁のあるリターンをたくさん用意しています。

クラウドファンディング実施概要

クラウドファンディングページ:
https://camp-fire.jp/projects/view/587469/
実施期間:2022年6月28日(火)〜7月26日(火)
目標金額:800万円
資金の用途:プロジェクト運営費用/想火リレー開催費/PR費/イベント当日運営費用/鞍ウドファンディング実施経費等の一部

みんなの想火2022 開催概要

みんなの想火 Special Talklive

日時:2022年9月18日(日)11:30〜21:00(予定)
開催方法:オンライン × オフライン(会場検討中)
サムライ人数:全国47都道府県 総勢71名(70ヶ所以上)
チケット:1400円(8月一般販売予定)
→クラウドファンディングリターン特別価格で最大566円お得にご購入いただけます!

MC:
池田親生(みんなの想火プロジェクト代表)
桑原りさ(アナウンサー)

スペシャルトークゲスト:
◎オープニングトーク
島田由香(株式会社YeeY 共同創業者/代表取締役)
矢澤祐史(GIVENESS INTERNATIONAL 代表)

◎「シェアカルチャーと社会」をむすび、「新しい生き方」をひらく
石山アンジュ(一般社団法人シェアリングエコノミー協会 代表理事)

◎「緑と人」をむすび、「日本人的豊かさ」をひらく
西畠清順(プラントハンター)

◎「エンタメの力で日常と非日常」をむすび、「日本人の持つ感覚」をひらく
小橋賢児(The Human Miracle株式会社 代表取締役・クリエイティブディレクター)

◎「災害と支援」をむすび、「生まれたご縁がより豊かな社会」をひらく
坂本龍太朗(ポーランド日本語教師会 事務局長)
荒木真吾(株式会社ディカーナ 代表取締役)

「竹あかり」を灯す地域のリーダー「47サムライ」が全47都道府県で勢揃い

各地で灯す地域のリーダー「47サムライ」がついに全国47都道府県で勢揃い!

各地で灯す地域のリーダー「47サムライ」がついに全国47都道府県で勢揃い!

「竹あかり」を灯す地域のリーダー「47サムライ」が全47都道府県で勢揃い
公募を行なっていた「竹あかり」を灯す地域のリーダー「47サムライ」が決定いたしました。全47都道府県で勢揃いし、総勢72名です(2022年6月1日現在)。
 
「みんなの想火」は2022年9月18日、 “世界竹の日” であり、世界の平和を願う “PEACE DAY WEEK” でもある日に、「47サムライ」と共に「竹あかり」を全国47都道府県で点灯します。
 
<「みんなの想火 2022」47サムライ募集結果 >
募集期間:2022年5月1日(日) 〜 5月21日(土)
47サムライ決定者数:72名

47サムライから開催に向けてのメッセージ

山形:大野夏奈子

<2022年 山形サムライ・大野 夏奈子> *3年連続参加

 山形県のサムライ3年目になります。縁もゆかりもない街でしたが、竹あかりを通じてたくさんの人と出会い、地域のためになることをこれからもしていきたいと思っています。私にとっても今年で学生が最後の年になり、来年からは社会人になります。最後の集大成として、山形県に竹あかりを通してもらったものの感謝を思いっきり伝えたいです。そして、私がいなくても、みんなの想火がなくても、自然と竹あかりで人がつなが理、また次の世代にも伝えられるようなイベントにできるように、去年とは違う山形県北部での活動を頑張ります!

愛知:廣濱修平

<2022年 愛知県サムライ・廣濱修平> *初参加

NPO法人灯LINK(アカリンク)で活動させて頂いてる名古屋市守山区弁天ヶ丘にある『大森寺』という場所で灯したいと思っております。この地域は大学を含む学校が多いが高齢化のため、若者の立ち寄る場所が少なく「通学路」として使用されるばかり。20年前に行われていたお祭りも今はなく、やりたいがやり手もいないという状況です。『大森寺』には竹林があり、その竹を利用して何かできないかと模索していた所、竹王子(2020長野サムライ)さんに出会いました。魅力のある惚れ惚れした竹あかりの作品を自分の手でこのまちで灯したい。少しでも多くの方が若者と交流できる場になればと願っております。

沖縄:小林和彦

<2022年 沖縄サムライ・小林和彦> *初参加

10年前に移住して携わり始め世界自然遺産にも昨年無事に登録され、今年2022年は沖縄県の祖国復帰50周年となります。やんばるが舞台のNHK朝ドラ「ちむどんどん」も始まって、盛り上がりをみせていますが、20代から心を燃やし続けた世界平和や連帯は少しずつ逆方向に向かい、戦争と奪い合いの欲望の影が世界を支配しています。
地域に生える竹を蚊に刺され、ハブに怯えながら伐採し、精神を集中しながら汗を流して一心に穴を開け続ける準備を、夏休みにヤンバルクイナ生態展示学習施設を訪れる親子と取り組んで、ヤンバルクイナの日(9月17日)から二日間に渡って灯しながら、賛同するアーティストに声をかけて野外フェスを開催しようと思います。
沖縄の竹は、なかなかに入手は困難なのですが、いくつか群生するエリアもみつけたので、地元にある竹で挑戦できたらと。また、流木やヒカケヘゴ等で代替する材料も踏まえて、柔軟に取り組めたらと思います。

2022メインビジュアル

2022年のテーマ「むすぶ、ひらく。」のキービジュアルを公開

日本全国47都道府県で「竹あかり」に平和の願いを込めて同日に灯すことを通じて、自分たちのまちに本気で向き合う意思を持った仲間を地域の垣根を超えて全国で繋いでいく「みんなの想火(そうか)」プロジェクトの、2022年キービジュアルを2022年5月9日(月)に発表しました。

2022年のテーマは「むすぶ、ひらく。」

キービジュアルは、ロープアーティストのHajime Kinokoさん x 車椅子モデル・葦原海(あしはらみゅう)さん x「竹あかり」という初のコラボレーションによって制作。「竹あかり」が灯る竹林に、赤い縁(ロープ)をむすんで日本地図を描き、そこに日本古来から伝わる垣根を超える象徴的存在としてかぐや姫(葦原海さん)が闇夜の竹林の中、赤い糸で紡がれた日本列島に降臨した姿を描かいています。

「みんなの想火」は、世界竹の日である9月18日に開催予定。全国各地で共に灯してくださる地域リーダーを5月21日まで募集中です。

【キービジュアル制作チームクレジット】

池田親生(Chikao Ikeda) CHIKAKEN  Producer 
佐藤かつあき(Katsuaki Sato)  Katsuaki inc.  Creative director 
関尚美(Naomi Seki)  関尚美デザインオフィス  Art director / Artist 
Hajime Kinoko  Shibari / Rope Artist  
  <assistant>  
  ZIMA(Team Ropes/rope assistant)
  Ludo(Team Ropes/rope assistant)
葦原海(あしはら みゅう)  Myu Ashihara  Model 
澤田直大(Naohiro Sawada)  Photographer 
毛利仁美(Hitomi mohri)  Tierra  Hair make 
仲次達也(ナカスタツヤ)  Nakasu Tatsuya  イニタリー  Drone

<撮影強力>
若山農場  株式会社ワカヤマファーム  Wakayama Farm  撮影場所(竹林) 
CHIKAKEN  Bamboo Lights  竹あかり(協力)

キービジュアル制作アーティスト・クリエイターからのコメント

佐藤かつあき(Katsuaki Sato) Katsuaki inc. Creative director 

言語化不能の「企み」。
首謀者は池田親生であることは間違いないのだけど「みんなの想火」というだけあって、みんなで作るアートであり、お祭りであり、キャンペーンであり、コミュニティでもあるという前代未聞の「企み」。日本中の地域を巻き込んで、3年続いたことがまず驚き。このまま30年くらい続けてほしい。その時にはじめてこの「企み」が何だったのか分かるような気がする。キービジュアルも2年目からは世界的なアーティストとコラボするようになり、表現したい世界観が少しずつ見えてきたような気もします。闇夜の竹林の中、かぐや姫が赤い糸で紡がれた日本列島に降臨したビジュアル。日本的な要素で構成されていながら、どこか西洋的なビジュアル表現は池田親生の脳内そのもののような気がしました。

ー1年目と3年目の違いー
東京オリンピックの年に、世界に対して祝福とおもてなしの表現としてのアクションが始まりだったと思うのですが、コロナ禍になって少し意味合いが変わってきたと思います。それでもブレずに変わらない価値観が「みんな」という言葉。やっぱりCHIKAKEN創業以来、彼らが一番大切にしている言葉だと思います。僕は池田親生の言う「みんな」の表すものは、漢字で「和」、英語で「ハーモニー」だと解釈しています。僕はこの「企み」が年を重ねるたびに、浮世絵や富士山、芸者のように、新しい日本のイメージのひとつに昇華され、世界に広がると確信しています。「竹あかり」はそれだけの強度を持った文化です。1年目と違って、ますますその強度が増し、鋭くなって来たと思います。

関尚美さん

関尚美(Naomi Seki) 関尚美デザインオフィス  Art director / Artist

一年目、二年目を経て私たちの想像を超えた『何か』が生まれる瞬間を見ました。
目に見える物体とも違う、絆と呼ぶにはそれだけでは無い。
きっとこの三年目を終えた時、また新たな『何か』に出会えるのだろうと期待しています。

<制作への想い>
このビジュアルに、どこか艶めかしく、そして動と静の共存が在るのは、長い間の構想と、その場を感じ皆の熱量で作りあげられた両面があるからだと思います。
それぞれのプロフェッショナルが、互いの表現を受け取り合いながら完成していったこのビジュアルは、イメージの結合をし、放ち、を繰り返し、時がきて開花したような、
まさに、
「むすぶ、ひらく。」が表現されていると思います。

はじめきのこさん

Hajime Kinoko   Shibari / Rope Artist

縛りっていうのは”結び”と同じで”結び付き”みたいなところで縛っていたりします。
縛る時のインスタレーションの時って、必ず何かロープの縁(フチ)を縛っていかなきゃいけないんです。
縁(フチ)って”エン”とも読みますよね。
縁(エン)を縛っていくんで、縁結び的な、運命の赤い糸をイメージしています。
人のつながりや血の繋がりなど、赤というのは”つながり”を連想します。
その赤色を使って、作品を作ることで、皆さんが繋がり、協力し合い、今の世の中を乗り切っていけたらな。と思います。

葦原海さん

葦原海(あしはら みゅう)  Myu Ashihara Model 

昨年もキービジュアルをやらせてもらいましたが 去年と全然違いましたね。去年は、 竹あかりの刀と衣装でシンプルに、それだけで勝負だったんですけれど、今回は、 リアルな生の竹で作られた竹あかりとロープという、全く違うビジュアル撮影ができて本当にシンプルに楽しかったです。

このロープの乗り心地は、最初は怖かったですね。
でも、これほどまでに耐久性を持って結べるのが、純粋にすごいなと思いました。

澤田直大さん

澤田直大(Naohiro  SawadaPhotographer

竹あかりにかける、日本全国のサムライ達の想い。
映像の力を通して、その想いが届くべき人達にしっかり届くよう想いを持って作りました。
日本を越えて、全世界にその想いののろしが届きますように。

毛利仁美(Hitomi mohri) Tierra Hairmake

今回が竹あかりと縛りで日本を結ぶということで、それだけでもものすごくインパクトのあるインスタレーションのため、ヘアメイクはシンプルなものにしました。

髪の毛の結び目ポニーテールの結び目のところにも結構しっかりゴールドの金粉を乗せているのでそこはちょっと後ろ見えないかもしれませんが、後ろまでしっかり作り込んでいるのがこだわりのポイントだと思います。

日本のひとつの文化として世界の方々が注目するようなイベントになったらいいなという思いが、今回携わらせていただくことでとても強くなりました。

ナカスタツヤさん

仲次達也(ナカスタツヤ) Nakasu Tatsuya イニタリー Drone

全国で赤い紐で繋がれたサムライが日本の導火線になることを期待しています。

オリンピック前夜に全国47都道府県+世界6カ国で合計約2万本の “竹あかり” 灯し世界の平和願う「みんなの想火2021」を開催いたしました!

オリンピック開会前夜の7月22日 全国47都道府県+世界6カ国、全90箇所で灯った竹あかりは”約2万本”となりました。 また、全国500人が参加した「みんなの想火リレー」によって完成した竹あかりアートも完成し、宮城県東松島市に展示されています。 「自分のまちは自分で灯す」を合言葉に 全国で手をあげた各地域のリーダーサムライ そしてそのサムライを支えた地域の仲間たち 直接運営に関わってくれたメンバーは2000人を超えました。 クラウドファンディングのご支援者は542人。 そして、オンライン・オフラインで 当日参加してくださった方々は約20000人。 参加してくれた “みんな” が主役の「みんなの想火2021」 たくさんの応援、ご協力、本当にありがとうございました! 実行委員長 池田 親生 (Chikao Ikeda) のメッセージも綴りました。 ぜひご覧ください!

みんなの想火2021

「みんなの想火」全力応援いただいた皆様

協賛スポンサー

配信スポンサー

《 群馬県 》 一般社団法人みなかみ町体験旅行  福田一樹 様


《 大阪府 》 Jungle Gorilla 様


《 宮城県 》 貴凛庁株式会社 様


7月22日開催「世界最大の竹あかりの祭典/みんなの想火」オンラインイベントのチケットを販売!

2021年7月22日の夜、全国47都道府県+世界8カ国 ブラジル・カンボジア・中国・エジプト・フランス・台湾・オランダ・インド(予定)で「竹あかり」を同日点灯します。 当日は豪華ゲストのトークイベント&全国の「竹あかり」のオンライン同時中継など、12時から21時まで9時間におよぶまさに【世界最大の竹あかりの祭典】。 販売枚数は、1,466枚。先行販売チケットと合わせて2021枚。先行販売で555枚を完売したため、【1,466枚】の数量限定となりますので是非お早めにお買い求めください!

オンラインイベントのチケットはこちら! < Peatix >

7月22日開催「世界最大の竹あかりの祭典/みんなの想火」全国47都道府県での点灯場所も発表!世界サムライ<エジプト・フランス・中国・台湾>からのメッセージも

ついに全国での点灯場所が一部発表となりました!また、2021年初となる世界サムライ<エジプト・フランス・台湾・中国>からのメッセージも発表。この祭りを通して全国の地方を活性化させ、世界へ誇れる日本となっていけるよう、まだまだあなたのまちの「みんなの想火」は仲間を募集しております!

詳しくは こちらをご覧ください! < PR TIMES >

クラファン達成記念「みんなありがとうチケット」先行販売 特別価格555円 限定555枚&2021キービジュアル発表!

7月22日に開催されるオンラインイベントのチケットを、クラウドファンディング達成記念に限定555名様に特別価格555円(通常価格722円)で先行販売いたします!

当日は豪華ゲストのトークイベント&全国の「竹あかり」のオンライン同時中継など、9時間におよぶまさに【世界最大の竹あかりの祭典】。
販売は数量限定となりますので是非お早めにお買い求め下さい!
また今回「みんなの想火2021」のキービジュアルも発表。

◎アーティスト・高橋理子さん
◎モデル・葦原海さん
◎クリエイティブディレクター・佐藤かつあきさん

3名によるアートコラボレーションが実現いたしました。
高橋理子さん、葦原海さん、佐藤かつあきさんから作品についてのコメントもいただいております!
チケット購入及びコメントは以下のURLをご覧ください。

みんなありがとうチケット